北欧



スポーンサードリンク

北欧

フィンランドのカーリカーリレート
フィンランドのカーリカーリレート

北欧というとスウェーデン、ノルウェー、フィンランドを指しますが、デンマークも含めて北欧と定義する人も多いです。北欧は冬が長く寒いので農作物が育ちにくいというハンディがあります。特に北部のオーロラが見えるようなエリアは、冬が半年以上続くので作れる作物は限定的です。
そこで今回は、限られた食材の中で育まれてきた北欧の惣菜や料理を考えてみたいと思います。

北欧は海産物の宝庫

マッシュポテトは北欧でも人気
マッシュポテトは北欧でも人気

日本も海洋国家として古くから海と共に暮してきましたが、北欧各国も日本と同じく海と共に生活をしてきました。日本の場合は山も森も豊かなのでいろいろな食材がありますが、北欧の場合は緯度が高いため農業も限定的です。1年の半分は冬なので食材も限られてきます。日本ほど環境が恵まれていないので、その分漁業が発展しました。

北欧でスープに使われるエンドウ豆
北欧でスープに使われるエンドウ豆

その流れは今も同じで、日本の漁業が進み先細りの状況ですが、ノルウェーの漁業は現在でも絶好調です。船も網の巻き上げ器具も発達していますし、何より漁業の担い手も若者がたくさん居ます。まさに北欧は漁業大国なので、料理や惣菜も自然と海産物が中心になっていきます。例えば、

【スウェーデン】
・ フィスクブッラ(白身魚のすり身で作るつみれ)
・ グラブラックス(塩と砂糖、ハーブで保存処理をしたサケの料理)
・ ルートフィスク(石灰液で戻した干物の魚)
・ ニシンの酢漬け
・ ステークトストレミング(甘酢漬けの魚のフライ)
【ノルウェー】
・ フィスクカーケ(魚の練り物)
・ スーシル(ニシンとタマネギを酢と砂糖でマリネした食べ物)
・ その他、タラ、サケ、ニシン、イワシ、サバの料理
【フィンランド】
・ ロイケット(サーモンのスープ)
・ ニシンの塩漬け

などが有名です。ちなみにフィンランドに関してはそれなりに農作物も取れるので、以下のような惣菜も生まれました。

【フィンランド】
・ カーリカーリレート(ロールキャベツ)
・ ヘルネケイット(エンドウ豆のスープ)
・ レイパユースト(雌牛のチーズ)
・ ヴィーリ(ヨーグルトのような発酵乳製品)
・ マッシュポテト

一方、同じ北欧でもデンマークの場合は、比較的温暖な場所に国土が位置しているため、農作物の収穫量も他の北欧各国と比較するとかなり恵まれています。ドイツと陸続きのため、料理そのものも中央ヨーロッパの影響を強く受けています。

【デンマーク】
・ エイブルスキーヴァー(デンマークの伝統的なパンケーキ)
・ ビーツの冷製コンソメ(ビーツを使ったコンソメスープ)

などの惣菜も有名です。コペンハーゲンなどの大都市にはミシュランで星をもらうような有名レストランもあります。食文化としては北欧で一番先端的な土地だともいえます。

北欧の料理を取り寄せてみる

北欧やロシアで食べられる赤いカブのビーツ
北欧やロシアで食べられる赤いカブのビーツ

北欧は日本人にとって遠い場所です。北欧がブームになっていて、雑貨などに大きな関心が集まっていますが、実際に足を運んで料理を口に入れるとなるとなかなか現実的ではありません。
旅費も高いですし、時間も掛かるので多くの日本人には簡単でない旅行先です。もしも料理や惣菜に興味が出てきたら、インターネット通販が発達しているので注文をしてみるといいです。

北欧でもサケはメジャーな魚
北欧でもサケはメジャーな魚

北欧料理を出してくれるレストランも日本には少ないので、自分で作ってもいいですが、まずはお手本として、何か特別な日に注文をしてみると面白いでしょう。