南米



スポーンサードリンク

南米

南米には肉料理が豊富に存在する
南米には肉料理が豊富に存在する

南米と言えば、大国のブラジル、アルゼンチンを始め、チリ、ウルグアイ、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギニアなどいろいろとあります。
南米といっても壮大に広く、南米大陸を南北に走るアンデス山脈は8500キロメートルもあります。日本の最北端である択捉島から最南端の沖ノ鳥島までの距離が3000キロメートルだと思うと、南米大陸の壮大さがよく分かります。

トウモロコシは南米料理に欠かせない食材
トウモロコシは南米料理に欠かせない食材

当然、気候も風土も地理も主要作物も何もかも違うので、南米というくくりでざっくりと料理や惣菜を語ろうと思っても困難です。そこで今回は、南米各国、特に南米の主要国を中心に、代表的な料理をチェックしてみたいと思います。

南米大陸の料理は畜産物を中心に、農作物、海産物といろいろな食材を作って作られている

アルゼンチンは畜産大国。食肉が豊富
アルゼンチンは畜産大国。食肉が豊富

南米の料理は本当に豊かです。北欧などと違って作物がよく育ちますし、畜産業も発展しています。さらに沿岸部では漁業も盛んなので、バラエティー豊かな料理がいろいろと育まれています。例えば、

【ブラジル】
・ アホィス(ブラジル風の塩味ピラフ)
・ フェジョアーダ(黒インゲン豆と肉を煮込んだ食べ物)
・ ブリガデイロ(チョコレート)
・ ムケッカ(ブラジル風海鮮シチュー)
・ フェイジョアーダ・コンプレッタ(黒豆、豚肉、キャッサバを用いた食べ物)
【アルゼンチン】
・ アルファホール(小麦粉を使ったお菓子)
・ アサード(肉料理)
・ ビフェ・デ・チョリソ(サーロインステーキ)
・ パリージャ(焼肉の盛り合わせ)
【ペルー】
・ トゥロン(ビスケット)
・ トウモロコシやジャガイモ料理
黒豆はブラジル料理に欠かせない
黒豆はブラジル料理に欠かせない

以上のような料理があります。畜産大国のアルゼンチンでは肉を使った料理が盛んですし、農業大国であるブラジルは農産物を生かした惣菜が盛んです。また、南米各国はポルトガルやスペイン、イタリアから移住してきた人が多いため、ラテン系諸国の料理の影響も強く受けています。

日本にある料理店か、インターネット通販で

ジャガイモを主食にする南米国は多い
ジャガイモを主食にする南米国は多い

ちなみに南米は、日本から見て地球の裏側にあります。北半球と南半球の違いもあるので季節すら逆です。日本からブラジルへ大量に移民が渡った時代は、数カ月掛けて船で向かったほどの距離です。
日本人の旅行先としては気軽に選択できない部分が南米にはあります。現実的に南米の料理を楽しむ機会と言えば、日本で催されるイベントや料理店に足を運ぶといった形になると思います。またはインターネットでしょうか。
いずれにせよ、インターネット通販でブラジルやアルゼンチンの料理を簡単に注文できるので、南米の惣菜に興味がある人は積極的に注文してみてください。