北陸



スポーンサードリンク

北陸

日本海側は米も有名
日本海側は米も有名

北陸とは富山県、石川県、福井県の日本海側にある3つの県を指します。しかし今回は同じく日本海側の新潟県も同じエリアの1つとして考えたいと思います。古くから裏日本などといった差別用語もあるくらい太平洋側の社会から見ればマイナーな地域ですが、北陸にはどのような食文化、惣菜があるのでしょうか? 

北陸の惣菜は基本的に海産物が多い

日本海側に面した北陸全県には、海の幸を生かした惣菜が多いです。日本海は冬になるとかなり荒れるので、その荒波に揉まれながら生きている、引き締まったおいしい魚が惣菜に生かされています。

新潟名物の笹すしは駅弁にもなっている
新潟名物の笹すしは駅弁にもなっている
【新潟県】
のっぺい汁
・ 笹寿司
ブリの照り焼き。ブリ大根も有名
ブリの照り焼き。ブリ大根も有名
【富山県】
・ マスすし
・ ブリ大根
古都金沢は昔から食文化も進んでいた
古都金沢は昔から食文化も進んでいた
【石川県】
かぶらすし
治部(じぶ)煮
厳しい荒波に揉まれる日本海の魚はおいしい
厳しい荒波に揉まれる日本海の魚はおいしい
【福井県】
・ 越前おろしそば
サバのへしこ

以上が主な北陸の惣菜です。新潟、富山、石川、福井ともにすしが有名ですが、笹すしやマスすし、かぶらすしは地元の惣菜として皆に親しまれています。富山のブリ大根は富山湾で採れるブリを使った料理ですし、福井県のサバのへしこも、海の幸を生かした惣菜になります。

インターネット注文をしてみる

今の時代はインターネットが発達しているので、ネットショッピングで北陸地方の惣菜の取り寄せが可能です。汁物は場合によっては厳しいかもしれませんが、かぶらすしなどは地元に行けば、コンビニのおにぎりコーナーに置いてあるほどのメジャー商品なので、インターネット通販による注文は全く問題ありません。 富山のマスすしなどもアンテナショップや土産物屋、駅の弁当屋などでも売っていますが、インターネット通販でお取り寄せが可能です。北陸に足を運ぶ機会がなかなかない人は、特別な日などに注文をして楽しんでみると良いでしょう。