関西



スポーンサードリンク

関西

関西とは京都、大阪、奈良、兵庫を中心として、和歌山、滋賀、三重を指します。三重県を中部地方と呼ぶ場合もありますが、今回は三重県も含めて関西地方と定義します。 古くから発展してきた関西地方は、食文化の宝庫です。海の幸、山の幸が採れるだけでなく、全国の食材が古くから集まりました。京都の土地になじんだ品種を京野菜と呼びます。その京野菜を使った料理もたくさんあり、今もなお料理人たちだけでなく、庶民の間で親しまれています。
関西には独特の歴史を持った惣菜が多く、そうした歴史を学びながら食べてみるとおもしろいかもしれません。

【三重県】
・ 伊勢うどん
てこね寿司
鴨肉。滋賀では鴨鍋が有名
鴨肉。滋賀では鴨鍋が有名
【滋賀県】
・ フナすし
・ 鴨鍋
京都は古くから多くの食材が集まった
京都は古くから多くの食材が集まった
【京都府】
・ 京漬物
・ 加茂ナスの田楽
大阪は食い倒れの街。惣菜も豊富
大阪は食い倒れの街。惣菜も豊富
【大阪府】
・ 箱すし
・ 白みそ雑煮
【兵庫県】
ぼたん鍋
いかなごのくぎ煮
柿の葉すしに使う柿の葉。奈良のお惣菜
柿の葉すしに使う柿の葉。奈良のお惣菜
【奈良県】
・ 柿の葉すし
・ 三輪そうめん
和歌山では今でもクジラを食している
和歌山では今でもクジラを食している
【和歌山県】
・ クジラの竜田揚げ
めはりずし

以上のようなラインアップが関西にはあります。和歌山県のように黒潮に面した海洋国にはやはり海産物を主体とした惣菜がありますし、奈良県のような山深い土地ではやはり、作物などを中心とした惣菜が目立ちます。京都は京野菜を使った料理が有名です。土地に合った惣菜がやはり関西でも魅力的です。

関西旅行で食べた味を、インターネット注文で楽しんでみる

関西には観光地がたくさんあるので、地元の住人でなくても足を運ぶ機会は多いと思います。特に世界的な観光名所が点在している京都や奈良、巨大都市大阪には訪れる機会も多いと思います。 何らかの形で足を運んだ際に食した地元の惣菜を覚えておいて、後にインターネット注文をしてみると楽しさも深まります。ご当地の惣菜にどのような歴史があるのか、インターネットショップのホームページなどに解説があったりするので、そうした情報を頭に入れながら食べると、また味わいも違ってきます。試してみてください。