沖縄



スポーンサードリンク

沖縄

ゴーヤは沖縄料理に欠かせない食材
ゴーヤは沖縄料理に欠かせない食材

沖縄は元々琉球王国があった場所です。本州からも遠く離れているので東京や大阪とは全く異なった歴史を育んできました。当然、料理や惣菜も本州とは違っており、沖縄でしか食べられない料理も多くあります。

しかし、本州から離れている分、足を運ぶ機会も少なく、沖縄の料理を食べるチャンスもめったにないと思います。最近では東京や大阪に沖縄料理屋がありますが、数はまだまだ少ないので一般的な認知度もそれほど高くありません。
そこで今回は沖縄にどのような惣菜があるのか、取り上げたいと思います。

沖縄を代表する惣菜は沖縄そば、ゴーヤチャンプルー、いかすみ汁など

沖縄は沖縄にしかない料理がたくさんあります。それでも全国的な知名度を誇る惣菜はいくつか存在し、

・ 沖縄そば
・ ゴーヤチャンプルー
・ いかすみ汁
少し苦い味が魅力的なゴーヤチャンプルー
少し苦い味が魅力的なゴーヤチャンプルー

辺りは有名です。沖縄そばは、そばと名前が付いていますがラーメンに近い食べ物で、同時にラーメンとも違う独特のめん類になっています。もともとは琉球王国時代に中国から伝わった食文化で、当時は王朝の人たちが食べました。
その後時代が下って庶民も沖縄そばを食べるようになり、県内に出店が目立つようになって、今に至っています。県内でも八重山そばは細めん、宮古そばはちぢれのないめんが特徴で、微妙に異なっている点も面白いです。

沖縄料理は沖縄のオリオンビールで
沖縄料理は沖縄のオリオンビールで

ゴーヤチャンプルーは、ゴーヤという苦いウリを、ごちゃ混ぜ(沖縄便でチャンプルー)にした料理を言います。ゴーヤが苦手な人は居ますが、味になれるとくせになる食べ物です。ゴーヤは沖縄の農家なら必ず作っている野菜で、暑い夏を乗り切るための健康食品としても認知されています。
いかすみ汁は、アオリイカの墨で作ったお吸い物です。女性が出産後に最初に食べる惣菜として沖縄では有名で、今でも一部にその伝統は残っています。いかすみ汁の歴史は詳しくは分かっていませんが、美容にいいとして近年健康食品としても注目されています。

沖縄旅行に出掛けるか、インターネット注文をしてみる

沖縄は本州にない食材がたくさん
沖縄は本州にない食材がたくさん

ゴーヤチャンプルーなどは家庭でも作れる料理です。ゴーヤをスーパーマーケットで購入できれば誰にでも作れます。しかし、沖縄そばやいかすみ汁に関しては素人ではなかなか作れません。
沖縄に出掛ける機会があればいいのですが、なかなか足を運べない人も多いと思います。今はインターネット通販が発達しているので、沖縄そばの材料などをセットで購入し、自宅で再現するといいと思います。

南国のフルーツを活かした惣菜も豊富
南国のフルーツを活かした惣菜も豊富

アジアに近い立地や熱帯に近い気候によって生まれた、本州にはない惣菜の数々を自宅で楽しんでみてください。