惣菜の歴史



スポーンサードリンク

惣菜の歴史

輸送技術の発達でいろいろな惣菜が可能に
輸送技術の発達でいろいろな惣菜が可能に

現在は流通技術も保存技術も発達しているので、全国の食材が至るところで新鮮に食べられるようになりました。そう考えると現代の惣菜が発展している背景には、流通技術や保存技術の発達があるからだと容易に予想が付きますが、実際はどうなのでしょうか?

生鮮食品の保存方法も発達した
生鮮食品の保存方法も発達した

現在の技術があってこそ今の惣菜の世界が成り立っているのならば、江戸時代などと比較して惣菜の文化は今が絶頂という話になりそうですが、その辺りを今回の章では考えてみたいと思います。

今が最も発展しているとは一概に言い切れない

野菜の冷凍技術も向上
野菜の冷凍技術も向上

詳細は各ページで語りますが、大まかな結論を先に言ってしまうと、惣菜の世界は物流や保存の技術が発展した今が最も発展しているとは一概に言い切れない部分があります。
現代の日本的な文化は室町時代に端を発し、江戸時代に完成してその後、現代に受け継がれていると一般的に言われています。惣菜や料理の世界も同じで、現代の日本食は室町時代に生まれ江戸時代に完成し今に引き継がれていると言えます。実際、江戸時代によく食べられていた惣菜のメニューと今のメニューはほとんど違いがありません。

江戸時代は町の至るところに「すしの屋台」があった

昔は屋台ですしを食べられた
昔は屋台ですしを食べられた

今はスーパーマーケットですしが手軽に食べられる時代ですが、何も現代だけの特権ではありません。江戸時代には町中にたくさんの「すし屋」が屋台で出ており、皆が間食の一環で日常的につまんだという歴史が残っています。
落語の世界でも、町中にあるすし屋の屋台の誘惑に勝てず、思わず使ってはいけないお金ですしをお腹いっぱい食べてしまうという江戸時代の物語がありますが、その通り昔はすしが町中で食べられました。天ぷら、お菓子、あんもちなども町中の屋台で食べられました。

江戸時代も惣菜はかなり発展していた
江戸時代も惣菜はかなり発展していた

目の前で作ってくれる分、ある意味で今よりもぜいたくな環境と言えます。昔から日本人は間食に惣菜を利用していました。その辺りの歴史を学べば、現代日本人の惣菜に対する付き合い方のヒントが隠されているかもしれません。今回の章では、その辺りに触れていきたいと思います。