惣菜とは



スポーンサードリンク

惣菜とは

惣菜とはそもそも毎日の食卓に並ぶおかず
惣菜とはそもそも毎日の食卓に並ぶおかず

共同通信社が出している『記者ハンドブック新聞用字用語集』を見ると、惣菜は「総菜」と書くように推奨されています。惣菜でなく「総菜」という漢字を見れば惣菜の意味が何となく想像できると思います。いろいろな食べ物、いろいろなおかずをまとめて惣菜と呼ぶようです。実際、岩波書店の『広辞苑』を調べてみても、そうざい【総菜・惣菜】日々の食事の副食物。飯のおかず。菜の物という説明があります。「総菜」の字面と『広辞苑』の2つを総合して考えてみても、やはり「いろいろとある日々のおかず」といった意味で、大きな間違いはないようです。

健康を意識した惣菜が近年の主流

今売られている惣菜は健康な食材ばかり
今売られている惣菜は健康な食材ばかり

その日々の食事で役立つ惣菜は、「手軽な値段で手間要らず」というメリットもあります。毎日の食事で一汁三菜を実現しようと思うとかなりの手間になりますが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで惣菜を買ってきて器に移せば簡単です。後は食卓に並べるだけで一品の完成です。しかも経済的にそれなりの安さで手に入るメリットもあるので、惣菜は現代社会に欠かせない「生活ツール」だといえます。

今は惣菜が競争にさらされている時代
今は惣菜が競争にさらされている時代

加えて、最近の惣菜は健康面を考えて安全性や栄養価にかなり注意しています。最近では原材料に対して厳しい目を消費者が持っているので、そうした厳しいマーケットで手にとってもらえるような惣菜を作るべく、コンビニやスーパーマーケット、デパート、宅配業者も頑張っています。
結果としていろいろな場所、いろいろな業態同士で競争が起き、その競争がいい意味で惣菜のレベルをアップさせています。今では味も価格も安全性も栄養価も優れた惣菜が、和洋中あらゆる料理でリリースされるようになっています。

惣菜のラインアップは多種多様

スーパーマーケットには膨大な惣菜が
スーパーマーケットには膨大な惣菜が

現在の保存技術でいえば、惣菜として商品にできない料理は、ほとんどないといえます。煮物、蒸し物、焼き物、揚げ物、和え物・サラダ、弁当、丼、すし、スナックに至るまで何でもそろっています。特に近年は流通が進化しているので、握りずしや鉄火丼など生鮮食品の惣菜まで当たり前のように流通しています。
値段的にも1皿100円の回転すしと同程度の安さで売り出されているので、どこのスーパーマーケットでも連日、タイムセールになる前にすしが売り切れてしまうケースがほとんどです。

買ってきた惣菜をお皿に移せば立派な一品に
買ってきた惣菜をお皿に移せば立派な一品に

以上のように、値段、味、安全、選択肢の豊富さなど、惣菜はもはや現代生活に欠かせない一部になってきました。日本に住んでいると当たり前に感じてしまいますが、近所のスーパーでマグロのすしもカルビ焼肉丼もホウレンソウのゴマ和えも手軽な値段でいつでも手に入ります。その恵まれた環境に改めて感謝し、今よりももっと上手に惣菜を生活に取り入れられないか、考えてみてください。