料理店の惣菜



スポーンサードリンク

料理店の惣菜

プロの味が楽しみたければデパートの地下へ
プロの味が楽しみたければデパートの地下へ

最近は料理店の惣菜も、「料理店の惣菜」という宣伝文句で市販されるようになりましたが、やはり料理店でしか食べられない惣菜は存在します。家庭料理とも違う、市販の惣菜とも違う、料理店独自の惣菜とは一体何なのでしょうか? 今回は最近、市販化もされつつある料理店の惣菜を考えてみたいと思います。

料理店の惣菜は、プロの味

中華まんであってもデパ地下はプロの味
中華まんであってもデパ地下はプロの味

端的に言って、最も分かりやすい料理店の惣菜の特徴は、プロの手によって作られたという点になります。家庭料理は当然、家庭内に居る誰かが作った料理になりますが、基本的に素人が作っています。家庭内にプロの料理人が居る家もありますが例外的な話で、普通は素人が料理を作ります。

デパ地下の惣菜は手間が違う
デパ地下の惣菜は手間が違う

スーパーマーケットなどに並んでいる惣菜も、パートのスタッフなどが分担して作るケースがほとんどです。中には料理人を雇っているケースもありますが、コストを考えて惣菜作りをマニュアル化し、素人のスタッフでもおいしく作れるように工夫して市販化しているお店がほとんどです。そう考えると、家庭で食べる惣菜にせよ、スーパーやコンビニエンスストアで販売されている惣菜にせよ、結局は素人、ないし素人に近い人が作った料理になります。

食材へのこだわりもプロの惣菜は違う
食材へのこだわりもプロの惣菜は違う

しかし料理店の惣菜は、まさにプロの料理人が作った本格的な料理になります。一次加工も二次加工も全てプロの手が入っています。食材も厳選され、考え抜かれて消費者の前に提案されます。値段は当然高くなりますが、味や見た目の美しさは家庭料理や市販品とは比較にならないレベルが実現されています。

デパートの惣菜はプロの味

味の違いはシンプルな素材にあらわれる
味の違いはシンプルな素材にあらわれる

仮にそうしたプロの味を家庭で楽しみたければ、デパートの地下に行くと良いでしょう。デパートの地下にある食材売場の中には、マニュアル化された工程に従って素人が作っているお店もありますが、プロの料理人が入って商品を作っているケースが一般的です。最も手軽にプロの料理人が作る惣菜を楽しめる場所なので、特別な日はスーパーマーケットの惣菜ではなく、デパートの惣菜を買って食卓に並べるといいかもしれません。味も見た目もやはり違いが分かります。